読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナチュラル @rch850

ナチュラル丼発祥の地、福井からお届けします。技術的な話題とか、雑談とか。

薬研堀を歩いた

七味唐辛子の代表、やげん堀。やげん堀っていうのは、江戸時代に浅草にあった堀の名前だ。漢字だと薬研堀。今でいうと、東日本橋にある。詳しくは Wikipedia を参照。七味の方をやげん堀、地名の方を薬研堀って書くと、紛らわしくなさそう。七味発祥の地「両国橋界隈・江戸の歴史」を読むと、歴史も知ることができてちょっと楽しい。

連休は東京に行っていたのだけど、日曜日の昼間に、ちょっと時間があいたから、その薬研堀に行ってみることにした。

総武線の浅草橋駅で降りて、浅草橋を渡って東日本橋の方へ。隅田川沿いまでは出ずに、中途半端なところを歩いていると、道端にこんなのがたくさん立っていた。

薬研堀にある七味唐辛子屋さんはやげん堀……ではない。やげん堀は、創業は薬研堀だったものの、今では浅草寺門前。薬研堀にある七味唐辛子やさんは、大木唐からし店だ。やげん堀に比べるとだいぶマイナーだと思う。

大木唐からし店は、両国橋の西側を隅田川沿いに少し南に行ったところにある。あるんだけど、閉まってた。残念。

残念だなーと思いつつも、もうひとつの目的地、薬研堀不動尊に向かった。

登ったところの右に、やげん堀の特設枠が。さすがやげん堀だなー。