ナチュラル @rch850

ナチュラル丼発祥の地、福井からお届けします。技術的な話題とか、雑談とか。

GitHub に push したら GitLab CI が回るように設定した

GitLab には、外部の git リポジトリをミラーして CI/CD を走らせる機能がある。GitLab のサイトの言葉を引用するとこうだ。

Connect your external repositories, and CI/CD pipelines will run for new commits. A GitLab project will be created with only CI/CD features enabled.

まず GitLab 側で [New project] から [CI/CD for external repo] の [GitHub] を選ぶ。

f:id:rch850:20180313213802p:plain

そうすると GitHub から取り込むリポジトリを選ぶ画面が開く。取り込みたいリポジトリの [Connect] ボタンを押せば設定できる。

こうして GitHub からミラーした GitLab のリポジトリはこのように Mirrored from ... と表示される。

f:id:rch850:20180313232805p:plain

不吉な The repository failed to update の表示が出てるけど、まぁそんなこともあるらしい。割りと頻繁に目にする気がするけど、まだ使い始めて数日なので、気長に様子を見ようと思う。

GitLab CI/CD 自体について、例えば.gitlab-ci.yml をどうやって書くかといった話は、話が長くなるので書かない。でも circleci/node:8-browsers が便利だということだけは言っておく。

GitLab 側に Repository mirroring というドキュメントがあるけど、これは CI/CD for external repo のことではなさそうだった。