ナチュラル @rch850

ナチュラル丼発祥の地、福井からお届けします。技術的な話題とか、雑談とか。

別バージョンの MySQL (5.6) を Windows にインストールする

Amazon RDS が MySQL 5.6 対応したし、そろそろ入れておくかーってことで入れた時のメモ。手元にはすでに別のバージョンの MySQL が入っていて、それを残しつつ2つ目として入れるときの話です。

MySQL Installer 5.6 をダウンロードページから落としてきます。「Windows (x86, 32-bit), MSI Installer」という名前のものが2つありますが、容量の大きい方(ウェブインストールではない方)を選びました。

ダウンロードしたインストーラを起動すると、管理者権限を使うために画面がチカチカした後、こんな画面が開きます。

f:id:rch850:20130704130933p:plain

すでに他のバージョンの MySQL がインストールされている場合には、2つ目の Add / Modify Products and Features を選択します。Add Products するわけですね。

すると Feature Selection という画面が開くので、Product Catalog から MySQL 5.6 Community Edition を選びます。

f:id:rch850:20130704131043p:plain

そして、出てきた MySQL Server 5.6.12 にチェックを入れます。

f:id:rch850:20130704131015p:plain

あとは、ぽんぽんぽんと進んでいくわけですが、MySQL Server Configuration の画面が、一つ目の MySQL をインストールするときとちょっと違います。

f:id:rch850:20130704131050p:plain

見ての通りポート番号が 3307 です。IANA の資料によれば 3307 番は OP Session Proxy とやらなので、使ってない人はこのまま 3307 にしておけばいいでしょう。私も幸い Op Session Proxy を使っていないので、3307 番を使いました。

こうすることで、Windows のサービス名 MySQL56 として、3307 番を使う MySQL サーバが立ちます。元の MySQL は 3306 番なりなんなりで動き続けているはずです。

以上!